福島県会津若松市一箕町亀賀藤原417-3
TEL0242-33-0700
平日 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後6:00まで
水曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後 休診
土曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後5:00まで
休診日 水曜日午後・日曜・祝祭日
第2・4土曜日
えんどうクリニック診察日
2018年06月
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
橙枠:午後休診 赤枠:休診日
緑枠:セミナー 青色:休日当番医
心の「宝」になった川柳づくり
私の父は、医師仲間はもとより、全国の川柳家にも知れ渡った有名な投稿家であった(柳号・遠藤余詩郎、本名・遠藤芳郎)。
父は自分の投稿が新聞に載ると楽しそうに、その切抜きと関連した記事をスクラップブックにはり、コピーを楽しそうに友人に送っていた。
私は当初、全くといってよいほど川柳叫興味がなかったが、ある日、何げなく父の机の上に載っていたスクラップ帳に目を通しているうち、その魅力にとりつかれてしまった。
そして、いつの間にか川柳をつくり、投稿を始めていた。
しかし、最初は父のようにはいかず、いくら投稿しても採用されず、あきらめかけていた頃、朝日新聞の全国版川柳欄に、私の句「聴診器心の音も聞いている」が載った。天にも昇る思いだった。珍しく父もほめてくれた。忘れもしない平成3年11月12日だった。

壁を破ったかのように、その後、自分の作品が次々と採用された。
投稿が活字になって届く朝」というように、早起きが毎日楽しくなった。

川柳の面白さは、何といっても俳句のように季語や決まりごとがないことである。
故事やことわざのように、その一句で人を感心させたり、その場の雰囲気を和ませ、患者さんとのコミュニケーションにも大変役に立っている。
父は平成10年8月に亡くなったが、このうえもない「宝」を残してくれた。
それは「物」ではなく、父のちょっとまぶしい「後ろ姿」であった。

時事川柳
還暦が米寿を介護する日本
銀行に貯金してみる肝試し
強欲のツケを無欲が払わされ
キツネ目がだれ目になった時効の日


一般川柳
人生は布オムツから紙オムツ
人よりも車ばかりが高級化
点滴のしずく見守る千羽鶴
叱る時昔の自分がそこにおり
チャンスにも弱いがピンチにも弱い