福島県会津若松市一箕町亀賀藤原417-3
TEL0242-33-0700
平日 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後6:00まで
水曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後 休診
土曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後5:00まで
休診日 水曜日午後・日曜・祝祭日
第2・4土曜日
えんどうクリニック診察日
2017年06月
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
橙枠:午後休診 赤枠:休診日
緑枠:セミナー 青色:休日当番医
内視鏡検査・治療Q&A

お腹の内視鏡検査はどのようにするのですか?

先端に小型カメラが仕組まれた細い管(スコープ)を体の中に入れ映像をテレビモニター上に映し出します。
通常は、食道・胃・十二指腸をみる上部消化管内視鏡検査(通称胃カメラ)と大腸をみる下部消化管内視鏡検査の2つが一般的ですが、その他にも目的に応じて幾つかの特殊な検査もあります。
胃を見る時は口から、大腸を見る時は肛門からカメラを入れます。

最近、胃の痛みを感じます。町の健診で胃透視を受けた時は異常なかったのですが、このままでよいでしょうか?

胃透視は、飲んだバリウムで胃のおや粘膜の模様を間接的に見るものであり体の向きや、バリウムの使い方等で病変が非常にわかりにくいことがあり、癌などの発見はカメラの方が圧倒的に優れています。
胃透視でなんともなかったと安心するのは危険です。
一度、消化器専門医に受診することをお勧めします。

知人より大腸の検査は苦しいときいたのですが…

大腸検査の苦痛の度合いは、被検者(患者さんへの状態(身体、心理両面)医師の技術、スコープの大きさ・硬さなどいろいろな条件の総合じた結果です。
確かに大腸内視鏡が一般化する以前は、時間のかかるきつい検査というイメージがありましたが、スコープの進歩などにより、今では、熟練した医師が行なえば、ほとんど苦痛も無く短時間に行なえるようになりました。

私は、朝の歯磨きでも吐きそうになるので、胃カメラは出来ないとあきらめていますが?

検査前の充分な咽頭麻酔、鎮静剤の投与等により通常、問題無く出来ます。
まだ事前に反射が非常に強いことがわかっていれば、細いスコープを用いる別の工夫も出来ます。
いずれにせよ、嘔吐反射で胃カメラが出来ないことはありません。

腹部のエコー検査で胃や腸もみてもらえないのでしょうか?

エコー検査では、腎臓、脾臓、肝臓、胆のう、膵臓等をみます。
胃や腸でも大きい腫瘍があればみえることもありますが、通常の病変はエコーではみえませんので、これらの消化管には内視鏡検査が必要となります。

胃や腸のポリープを内視鏡で取る時は、痛くないのですか?
ポリープは麻酔して取るのですか?

ポリープは、スネアという金属のループに高周波電流を作用させて短時間で切除します。
全く痛みは感じませんし、切除部分に局所麻酔をする必要もありません。

検査にはどのくらい時間がかかりますか?

特殊な処置をしないのであれば、胃カメラで3〜4分弱、大腸ファイバーで5分〜10分程度です。
大腸ファイバーは、まず一番奥(盲腸)まで入れてしまい、それから観察しながら抜いてゆき、最後に直腸をみるという順序になります。

予約なしでも当日検査はしてもらえるんでしょうか?

朝食抜きで来でいただけましたら、エコー、胃内視鏡検査は出来ますが、予約の方が優先になるため、待ち時間が少しあると思います。
大腸内視鏡検査は前処置が必要になるため、原則として予約制ですが、必要に応じて当日検査しています。