福島県会津若松市一箕町亀賀藤原417-3
TEL0242-33-0700
平日 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後6:00まで
水曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後 休診
土曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後5:00まで
休診日 水曜日午後・日曜・祝祭日
えんどうクリニック診察日
2018年11月
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
橙枠:午後休診 赤枠:休診日
緑枠:セミナー 青色:休日当番医
患者さんの為のQ&A の検索結果

心身医療で医療費抑制を

医療費が高騰を続ける中で、日常診療においても医療経済的な視点が求められるようになってきた。
ストレス時代にあって、一般内科を受診する患者の半数になんらかの心身医療を要するという。
家族間でもコミュニケーションがうまく行っていない。

「三時間待って三分の診療」という多忙な診療で、どうして心身の関連性を説得できるか。
 われら一線の臨床医が遭遇する過敏性腸性症候群、気管支喘息、脱毛症、自律神経失調症などは、血液検査やレントゲン検査などでは異状は判断できない。
「だから病気ではない」とは言えないのである。
ある報告によれば、高血圧ヽ胃炎ヽ消化性潰瘍患者のなんと90%が自分自身の病気とストレスとは関係があると認識している。

しかし、診療の中では医師とストレスに関する話をしていない患者が高血圧疾患では60%にものぽるという。
逆に考えると、医師側が患者側のストレスに対する関心や認識に十分に応えていないという事実を物語っている。
 一方でこれらの問題は特異的と言うよりは、いわゆる心身のストレス要因として非常に重要だと理解しておいた方が良いかもしれない。

これからの医師、いや医療は、患者の「病気」にだけ目をとらわれず、また、身体面からの検査や治療だけでなくその患者個々の「ライフスタイル」や「対人関係」などについても、初診の問診の時点から特に詳しく探ってゆかねばなるまい。
心身医学的治療では、体の症状を取り除くだけでなく、病気に関連した生活環境、本人の生活習慣や適応様式、性格傾向などの改善についても援助するので、本当の意味での治療に至ることが多く、症状の再発を防ぎ真の健康の実現が促される。
そういった心身医療を取り入れた全人的医療は長期的な視点から見れば無駄な医療費を削減し、医療費の抑制をもたらすことが期待される。

また、日本では薬剤費が医療費の三割以上を占め、他国より多いことなどから、薬の使い過ぎが問題になっている。
外来に来た患者さんに、病状を説明し、「こういう理由で、薬は必要ないのですよ」と話すが、三分の一くちいの方は不安な様子で、けげんそうに「薬はないのですか」と聞いてくる。

「三時間待って三分診療」などと言われる時代でもあり、遠方から一日がかりで来る患者さんが「せっかく来だのだから、薬ぐらいもらって帰りたい」と思う気持ちも、わからないわけであはない。
 だが、私は常々、「薬とは、本当に必要な時に、その症状や病態に合った適切なものを投与して、初めて効果が表れるものだ」と思っている。

クスリは、逆から読めば「リスク」(危険)とも読めるということを、医師も患者も、肝に銘じるべきであろう。
患者さんの為のQ&A