福島県会津若松市一箕町亀賀藤原417-3
TEL0242-33-0700
平日 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後6:00まで
水曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後 休診
土曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後5:00まで
休診日 水曜日午後・日曜・祝祭日
新患の受付
平日
午前は12:00まで 午後は17:30まで
土曜
午後は16:30まで
但し緊急を要する場合はこの限りでは
ありません
えんどうクリニック診察日
2020年02月
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
橙枠:午後休診 赤枠:休診日
緑枠:セミナー 青色:休日当番医
先生の医療記事新聞集

便の状態で子供の健康観察

日本経済新聞 H15.5.30
先日、医院で乳幼児らを持つ母親にアンケートを実施した際、子供の便に対する考え方に思い違いがあり、気になった。

便秘を排便回数のみで規定することは妥当ではない。
ごく少量の便、兔糞便のような状態や水様便でも、毎日出ていれば大丈夫と思っている母親がいる。

私は排便の頻度や量、性状、食事摂取量、内容などを正確に把握できるまで母親から問診している。
それが、便秘の診断、原因のありか、治療方針の決定に重要だからである。

「便秘になったら薬ですませる」
「きれ痔になったから軟膏や座薬をやる」

といった安易な考えも良くない。

乳幼児の便秘には、食物繊維だけでなく、ストレスなど精神的なものも大いに関係している。
便は子供の体調のバロメーター。

成長期に合わせてその都度、若いお母さん方に指導していく必要がある。